苦さの攻略法 美味しい味へ

冷蔵庫を活用する

生育している状態でのどくだみの臭い匂いも耐えがたいものですが、お茶に形を変えてもある程度、匂いは残りますし、味も特殊なものです。

通常飲んでいる人でさえ、あの味さえなんとか緩和されたらもっと飲み易いのにと言っています。 確かに「苦い」ようなイメージがあります。

健康に良いとわかっていても、どうしても「苦い」ということ脳裏をかすめてしまいます。この点さえ克服できれば、美味しく健康的に飲めるのでしょう。

販売しているメーカーも、この点に関して悩んでいるようですね。なんとか甘い香りをつけたり口当たりが良いような味へと改良しているようです。 また、麦茶で割るとどくだみ茶独特の味は、半減されます。

その他にも、冷蔵庫で冷やすと、苦さは減少するという説もあります。

苦手な人はブレンドで味を改善

自分で作るどくだみ茶の作り方の中でも、軒下での乾燥する期間が短いと苦さが強くなるとも言われているようです。

通販でも販売されているどくだみ茶ですが、各メーカーではこの苦さが残らないようにするなどの努力をして発売しているようです。

いわゆる他の健康茶とブレンドすることによって、苦さを半減するということです。 しかし、昔から自分で作って飲んでいるお年寄りの中には、この「苦さ」があってこそ効果が出ているという人もいます。